インスリン分泌

本項目で説明する名前のよく知れたインスリンと、あまり聞いた事はないと思いますがグルカゴンというものは糖尿病に大きく関わってくる膵臓のメカニズムを知る為にはどうしても必要なものですので、インスリンとグルカゴンについてここで分かりやすく説明をして行きます。

インスリンとは

食事をした事等により、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高まると、膵臓のβ細胞からインスリンが分泌され、余分なブドウ糖を血液中から除くように作用します。先ず最初に、肝細胞がブドウ糖をグリコーゲンに変えてそれを蓄えます。その次に、筋肉細胞がブドウ糖をグリコーゲンに変えて自らが使用する分としてそれを蓄えます。最後に余ったブドウ糖は、脂肪に変化して脂肪細胞に体脂肪として蓄えられます。 

インスリンと結合した血糖は、肝臓や筋肉にグリコーゲンとして蓄えられ、その後余った血糖は脂肪に変化して蓄えられる事で血糖値は下がります。しかし、過食で血糖値を上げ続け、運動不足等でエネルギー消費が少なくなると、脂肪細胞が増加して肥満になってしまいます。そして肥満の状態が長く続くと、今度はインスリンの分泌量が少なくなったり、効き目が悪くなったりして、糖尿病を発症するのです。

グルカゴンとは

運動等により血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が下がり過ぎると、膵臓のα細胞からグルカゴンが分泌され、肝臓に蓄えられたグリコーゲンをブドウ糖に変えて血液中に放出し、血糖値を高めるように作用します(つまりインスリンとは逆の作用ですね)。また、脂肪細胞は蓄えていた脂肪を血中に放出し、他の細胞がエネルギーとして消費していきます。つまり、体脂肪をエネルギーとして使える状態にするには、グルカゴンが働くことによって可能になるわけです。グリコーゲンや脂肪をエネルギーとして使える様にするのが、このグルカゴンというホルモンなのです。

私たちの体の血糖値は、インスリンやグルカゴンの働きで正常値の範囲内に収められていますが、生活習慣からこのバランスが崩れた時、糖尿病(高血糖)が発症するのです。特に肥満はインスリンの働きが鈍り、高血糖になりやすいため、合併症のリスクが高まると言われています。肥満の方は特に糖尿病に注意しなければなりません。

膵島(ランゲルハンス島)とは

皆さんの体の中には膵臓という臓器があります。そしてこの膵臓の約5%未満程度が膵島と呼ばれる部分です。この膵島にはいくつかの種類の細胞が存在します。この中のα細胞が上で説明しているグルカゴンを分泌する細胞になります。グルカゴンは説明した様に、血糖値を上げようとするホルモンになります。また膵島の中のβ細胞が上で説明しているインスリンを分泌する細胞になります。このβ細胞は血糖値を下げる唯一のホルモンであるインスリンを分泌する役割を持っています。

この膵島は膵臓1mg中10-20個程度存在すると言われており、膵臓全体でおおよそ100万個程度存在すると考えられています。この膵島の中にあるβ細胞が何らかの形でダメになる事で、インスリンが正常に分泌出来ない事になり、その結果糖尿病という病気に至る訳です。β細胞は非常に大切なんですね。

この膵島の役割がちゃんと機能しないのを助ける為にインスリン製剤(注射等)が存在する訳ですが、この膵島自体を移植する手術も行われております。

インスリン製剤

注射等で体内に摂取するインスリン製剤は、その殆どがヒト型インスリンというものを用いています。このヒト型インスリンは大腸菌等にヒトインスリン遺伝子を導入する事で生産され、皆さんに供給されています。

糖尿病患者の為の患者学

ここでは誰も教えてくれない糖尿病患者の為の患者学について記載していきます。糖尿病患者学とは糖尿病と診断された患者がどのようにして糖尿病と闘っていけばいいのかを患者目線で纏めたものです。糖尿病と診断されたら、食事療法等の様に患者が率先して行動しなければならない点が多分にあるのです。内科医(糖尿病専門医)に診てもらって薬やインスリンを処方して貰っていれば問題ないという病気ではないのです。勿論必ず内科医(糖尿病専門医)に診て貰う事は必須ですが、付け加えてここで糖尿病患者の為の患者学を学び、それを実践してみて下さい。良好な血糖コントロールで糖尿病からご自身の体を糖尿病合併症から守りましょう。また糖尿病患者でなければ分からない生活の上での問題点(住宅ローン問題、生命保険問題、海外旅行問題等)にも切り込み、糖尿病患者である皆さんの助けに少しでもなれればと思っております。

お勧め病気ブログ

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

お勧め病気サイト

糖尿病を共有しましょう