カーボカウント法3

本ページは前ページからの続きになります。

果実類100gに含まれる炭水化物量(g)

果実類のカーボカウント表を以下に示します。果実は総じてそこそこなカーボ量です。

区分 食品名 食品名 食品名
あけび(生) 22.0 アセロラ(生) 9.0 アボガド(生) 6.2
あんず(生) 8.5 あんず(缶詰) 18.9 あんず(ジャム) 64.5
苺(生)

8.5

苺(ジャム) 63.3 無花果(生) 14.3
いよかん(生) 11.8 梅(塩漬け) 6.7 梅干(塩漬け) 10.5
温州みかん(生) 12.0 温州みかん(缶詰) 15.3 オリーブ(ピクルス) 4.5
柿(生) 15.9 柿(干し柿) 71,3 かぼす(生) 8.5
かりん(生) 18.3 キウイフルーツ(生) 13.6 キワノ(生) 8.0
金柑(生) 17.5 グァバ(生) 9.9 グズベリー(生) 13.2
グレープフルーツ(生) 9.6 ココナッツ(ミルク) 2.8    
さくらんぼ(生) 15.2 ざくろ(生) 15.5 シイクワシャー(生) 7.9
西瓜(生) 9.5 酢橘(生) 16.4 すもも(生) 9.4
だいだい(生) 8.0 タンゴール(生) 12.7 ドリアン(生) 27.1
梨(日本梨) 11.3 梨(西洋梨) 14.4 ネーブルオレンジ(生) 11.8
夏みかん(生) 10.0 パインアップル(生) 13.4 パインアップル(缶詰) 20.3
パッションフルーツ(生) 16.2 バナナ(生) 22.5 パパイア(生) 9.5
バレンシアオレンジ(生) 9.3 バレンシアオレンジ(マーマレード) 63.2 日向夏(生) 11.7
びわ(生) 10.6 ぶどう(生) 15.7 ぶどう(ジャム) 47.5
ブルーベリー(生) 12.9 ブルーベリー(ジャム) 43.8 ぽんかん(生) 9.9
マルメロ(生) 15.1 マンゴー(生) 16.9 マンゴステン(生) 17.5
メロン(生) 10.3 桃(生) 10.2 桃(缶詰) 20.6
ゆず(生) 7.0        
ライチ(生) 9.3 ライム(生) 9.3 林檎(生) 14.6
林檎(缶詰) 20.1 林檎(ジャム) 52.7 檸檬(生) 8.6

きのこ類100gに含まれる炭水化物量(g)

きのこ類のカーボカウント表を以下に示します。きのこ類は比較的軽いものですので、量を多く摂ってもそれ程カーボ量は多くなさそうです。

区分 食品名 食品名 食品名
えのき(茹) 7.8 エリンギ(生) 7.4    
きくらげ(茹) 5.2 黒あわびたけ(生) 4.9    
しいたけ(茹) 7.1        
たもぎだけ(茹) 5.1        
なめこ(茹) 5.1        
はたけしめじ(茹) 5.6 ぶなしめじ(茹) 6.5 ほんしめじ(生) 4.4
ひらたけ(茹) 6.6        
舞茸(茹) 3.6 マッシュルーム(茹) 3.7 松茸(生) 8.2
柳松茸(生) 4.0        

藻類100gに含まれる炭水化物量(g)

藻類のカーボカウント表を以下に示します。藻類は一見カーボ量がありそうですが、干したものを100g摂った場合とかですので、これもそれ程摂取する事はなさそうです。尚、ところてんとかの重いものは多量に摂ってもカーボ量はとても少ないです。

区分 食品名 食品名 食品名
あおさ(干) 41.7 青のり(干) 56.0 あらめ(干) 56.2
岩のり(干) 39.1 えごのり(干) 62.2 えながおに昆布(干) 55.7
沖縄もずく 2.0        
かわのり(干) 41.7 がごめ昆布(干) 62.1    
水前寺のり(干) 2.1        
天草(干) 53.8 ところてん 0.6 とさかのり(干) 5.1
なが昆布(干) 62.9        
ひじき(干) 46.3 ひとえぐさ(佃煮) 21.1    
ま昆布(干) 61.5 まつも(干) 40.8 もずく 1.4
利尻昆布(干) 56.5        
わかめ(干) 41.3        

魚介類100gに含まれる炭水化物量(g)

魚介類のカーボカウント表を以下に示します。魚介は総じてカーボがとても少ないです。

区分 食品名 食品名 食品名
あいなめ(生) 0.1 赤穂鯛(生) 0.1 鯵(生) 0.1
鮎(生) 0.1 アラスカめぬけ(生) 0.1 鮟鱇(生) 0.3
いさき(生) 0.1 いとより鯛(生) 0.1 いわし(生) 0.3
岩魚(生) 0.1 うぐい(生) 0.2 鰻(生) 0.3

えい(生)

0.1 おこぜ(生) 0.2 イクラ(生) 0.2
赤貝(生) 3.5

あさり(生)

0.4 あわび(生) 4.0
エスカルゴ(生) 0.8

甘海老(生)

0.1

いい蛸(生)

0.1
うに(生) 3.3

沖あみ(生)

0.2    
かさご(生) 0.1 鰍(生) 0.2 かじき(生) 0.1
鰹(生) 0.1 かます(生) 0.1 かれい(生) 0.1
かんぱち(生) 0.1 キャビア(生) 1.1 金目鯛(生) 0.1
鯉(生) 0,2 こち(生) 0.2 かき(生) 4.7
がざみ(生) 0.3 剣先いか(生) 0.1 こういか(生) 0.1
蟹風味かまぼこ 9.2

かまぼこ

9.7 魚肉ハム 11.1
鮭(生) 0.3 鯖(生) 0.3 鰆(生) 0.1
秋刀魚(生) 0.1 ししゃも(生) 0.2 白魚(生) 0.1
さざえ(生) 0.8 しじみ(生) 4.3 ずわい蟹(生) 0.1
するめいか(生) 0.2 薩摩揚げ 13.9    
鱈(生) 0.1 たらこ(生) 0.4 飛魚(生) 0.1
たにし(生) 3.6 とり貝(生) 6.9 大正海老(生) 0.1
たらば蟹(生) 0.2 伊達巻き 17.6 つみれ 6.5
にしん(生) 0.1 なまこ(生) 0.5 なると 11.6
はんぺん 11.4        
はぜ(生) 0.1 鮒(生) 0.1 鰤(生) 0.3
ほっけ(生) 0.1 鰡(生) 0.1 ばか貝 2.4
はまぐり(生) 1.8 帆立貝(生) 1.5 ほっき貝(生) 3.8
蛍いか(生) 0.2        
鮪(生) 0.1

めじな(生)

0.1 真蛸(生) 0.1
山女(生) 0.3 槍いか(生) 0.4    

肉類100gに含まれる炭水化物量(g)

肉類のカーボカウント表を以下に示します。肉類も総じてカーボ量がとても少ないです。

区分 食品名 食品名 食品名
猪(生) 0.5 猪豚(生) 0.3 牛(肩)(生) 0.3
牛(肩ロース)(生) 0.2 牛(リブロース)(生) 0.2 牛(サーロイン)(生) 0.3
牛(バラ)(生) 0.1 牛(モモ)(生) 0.5 牛(ランプ)(生) 0.4
牛(ヒレ)(生) 0.3 牛(挽肉)(生) 0.5 牛(ローストビーフ) 0.9
牛(コンビーフ) 1.7 牛(ビーフジャーキー) 6.4 馬(生) 0.3
合鴨(生) 0.1 アヒル(生) 0.1 うずら(生) 0.1
鯨(生) 0.3 鴨(生) 0.1    

鹿(生) 0.5 七面鳥(生) 0.1    

鶏(生) 0        

豚(肩)(生) 0.2 豚(肩ロース)(生) 0.1 豚(ロース)(生) 0.2
豚(バラ)(生) 0.1 豚(モモ)(生) 0.2 豚(ヒレ)(生) 0.2
豚(挽肉)(生) 0 豚(骨付ハム) 0.8 豚(ボンレスハム) 1.8
豚(ロースハム) 1.3 豚(ショルダーハム) 0.6 豚(プレスハム) 3.9
豚(生ハム) 0.5 豚(ベーコン) 0.3 豚(ウインナー) 3.0
豚(フランクフルト) 6.2 豚(焼豚) 5.1 羊(生) 0.2
鳩(生) 0.3        
山羊(生) 0.1        

卵類100gに含まれる炭水化物量(g)

卵類のカーボカウント表を以下に示します。卵は穀物等に比べると全然カーボ量は低いものです。

区分 食品名 食品名 食品名
うこっけい卵(生) 0.4 うずら卵(生) 0.3 厚焼き玉子 0.4
鶏卵(生) 9.3        
玉子豆腐 2.0 ダシ巻き玉子 0.5    

糖尿病患者の為の患者学

ここでは誰も教えてくれない糖尿病患者の為の患者学について記載していきます。糖尿病患者学とは糖尿病と診断された患者がどのようにして糖尿病と闘っていけばいいのかを患者目線で纏めたものです。糖尿病と診断されたら、食事療法等の様に患者が率先して行動しなければならない点が多分にあるのです。内科医(糖尿病専門医)に診てもらって薬やインスリンを処方して貰っていれば問題ないという病気ではないのです。勿論必ず内科医(糖尿病専門医)に診て貰う事は必須ですが、付け加えてここで糖尿病患者の為の患者学を学び、それを実践してみて下さい。良好な血糖コントロールで糖尿病からご自身の体を糖尿病合併症から守りましょう。また糖尿病患者でなければ分からない生活の上での問題点(住宅ローン問題、生命保険問題、海外旅行問題等)にも切り込み、糖尿病患者である皆さんの助けに少しでもなれればと思っております。

お勧め病気ブログ

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

お勧め病気サイト

糖尿病を共有しましょう