低血糖

このホームページ内に低血糖という言葉が出てきます。低血糖というのは正常値よりも低い血糖値でして、通常はこの低血糖にはならないのですが、糖尿病の薬を飲んでたり、インスリン製剤を打っていたりする事で低血糖状態となる事があります。

以下に低血糖時の主な症状を纏めてます。この様に低血糖というのはとても怖いものです。低血糖で倒れて、そのまま意識が戻らないなんて事もあるのです。ちなみに低血糖時の症状は個人差がありますので参考程度にして下さい。

血糖値 (mg/dl) 主な低血糖症状
70 あくび、空腹感、悪心
50 倦怠感
40 発汗、動悸、顔面蒼白、震え、紅潮
30 異常行動、意識消失
20 昏睡、痙攣

低血糖を防ぐには

しかし低血糖を恐れて血糖コントロールをしないと、糖尿病合併症の所で記載した様な症状が現れ、取り返しが付かなくなるのです。ですので、低血糖にならない様に医師から処方された薬を適切に扱い、食事もきちんと摂る事がとても重要になるのです。

また医師に言うとブドウ糖の袋を貰えると思いますので、ブドウ糖の袋を貰って常に持ち歩き、何か変だなと思った時はブドウ糖の袋を一袋摂取する様にしましょう。もしもこのブドウ糖の袋を携帯していなかった時に変だなと思った場合は、コカコーラ等の甘い清涼飲料水でも構いません。必ず摂取する様にして下さい。但し、清涼飲料水等のブドウ糖以外のものは、糖分の吸収に時間が掛かりますので、出来るだけブドウ糖を手放さない方がいいでしょう。また以下のブドウ糖商品も便利ですのでお使い下さい。

大丸本舗 夢のくちどけブドウ糖18粒 (お勧め度★★★★★)

口の中で溶けやすく作られていますので、急な低血糖症状にも対応出来て安心です。

糖尿病患者の為の患者学

ここでは誰も教えてくれない糖尿病患者の為の患者学について記載していきます。糖尿病患者学とは糖尿病と診断された患者がどのようにして糖尿病と闘っていけばいいのかを患者目線で纏めたものです。糖尿病と診断されたら、食事療法等の様に患者が率先して行動しなければならない点が多分にあるのです。内科医(糖尿病専門医)に診てもらって薬やインスリンを処方して貰っていれば問題ないという病気ではないのです。勿論必ず内科医(糖尿病専門医)に診て貰う事は必須ですが、付け加えてここで糖尿病患者の為の患者学を学び、それを実践してみて下さい。良好な血糖コントロールで糖尿病からご自身の体を糖尿病合併症から守りましょう。また糖尿病患者でなければ分からない生活の上での問題点(住宅ローン問題、生命保険問題、海外旅行問題等)にも切り込み、糖尿病患者である皆さんの助けに少しでもなれればと思っております。

お勧め病気ブログ

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

お勧め病気サイト

糖尿病を共有しましょう