糖尿病の診断

糖尿病が疑われる場合は、以下の基準値になります。

・朝食前の空腹時血糖値が110mg/dl以上である場合。

・食後2時間の血糖値が140mg/dl以上である場合。

HbA1cが5.6以上の場合。

これらの場合は糖尿病の疑いありという事で更なる詳しい検査が行われます。

また糖尿病であるという診断には、以下の基準値で行います。

・朝食前の血糖値が126mg/dl以上、或いは糖負荷試験で2時間後の数値が200mg/dl以上の場合、或いは食後血糖値が200mg/dl以上の場合。

・HbA1cが6.1以上の場合。

前者が2回、或いは前者と後者が該当すれば、糖尿病を診断されます。

またこの糖尿病と正常の間の数値の場合は、境界型糖尿病と呼ばれます。

ここまで読んで何か聞きなれない数値が出てきたと思います。先ずは血糖値ですが、これは血液中の糖の数値であり、正常な人は上記で示した値よりも低い値になります。具体的には空腹時血糖値が110mg/dl未満で且つ、食後2時間血糖値が140mg/dl未満となります。またHbA1cはヘモグロビン・エーワンシーと呼ばれるもので、これは過去1-2ヶ月の血糖値の平均が分かるものです。正常な人はHbA1cが5.8未満を示します。

恐らくこのホームページを閲覧している方は、糖尿病の疑いありと言われた方、或いは糖尿病と診断された方だと思います。診断された場合は、ある程度の知識を医師、または看護士より教えて貰っていると思います。

病院に中々行けない方は自宅で簡単に血液検査が出来ます

メディチェケ (お勧め度★★★★★)

他のページでもご紹介してますが、まだ糖尿病と診断されていない皆さんにはなかなか病院に行って検査等する機会のない方も多いのではないでしょうか?以下でご紹介するメディチェケでは自宅で簡単に検査する事が出来る糖尿病の検査キット等を販売してます。この糖尿病の検査キットでは脂質、肝機能、腎機能、尿酸値、HbA1c等を自宅にいながら検査する事が出来ます。結構本格的な検査が出来ますので、この機会に是非皆さんの血液状態を確認しておいては如何でしょうか。糖尿病は日本の国民病と言える位にその患者数が爆発的に増えております。糖尿病は早期発見して早期治療を開始しないと、血管がボロボロになってしまい、様々な合併症を併発するとても怖い病気です。血液検査を長くしていない方等は特に安心を得る意味でも血液検査しておくべきです。

健康バスケット (お勧め度★★★★★)

他のページでも紹介してますが、 自宅にいながら糖尿病を始めとしていろいろな血液検査を受診出来ます。あなたの体を守るのはまずは検査からといっても過言ではありません。なかなか病院にいけなくても、定期的n受診をお勧めします。

糖尿病患者の為の患者学

ここでは誰も教えてくれない糖尿病患者の為の患者学について記載していきます。糖尿病患者学とは糖尿病と診断された患者がどのようにして糖尿病と闘っていけばいいのかを患者目線で纏めたものです。糖尿病と診断されたら、食事療法等の様に患者が率先して行動しなければならない点が多分にあるのです。内科医(糖尿病専門医)に診てもらって薬やインスリンを処方して貰っていれば問題ないという病気ではないのです。勿論必ず内科医(糖尿病専門医)に診て貰う事は必須ですが、付け加えてここで糖尿病患者の為の患者学を学び、それを実践してみて下さい。良好な血糖コントロールで糖尿病からご自身の体を糖尿病合併症から守りましょう。また糖尿病患者でなければ分からない生活の上での問題点(住宅ローン問題、生命保険問題、海外旅行問題等)にも切り込み、糖尿病患者である皆さんの助けに少しでもなれればと思っております。

お勧め病気ブログ

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

お勧め病気サイト

糖尿病を共有しましょう