糖尿病合併症

糖尿病合併症はいくつかに分類されています。それは細小血管障害、大血管障害、その他に分類されます。この中で細小血管障害というのは、細小血管(毛細血管)の病変から起こるもので、特に糖尿病の特徴的な合併症です。この細小血管障害の代表的なものとして、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害の三つが上げられます。この三つを糖尿病三大合併症と呼びます。

難しい言葉が入ってますが、要するに糖尿病により脆くなった毛細血管が元になって起こる病気なんです。毛細血管が脆くなるだけなんで、太い血管は平気なんだし問題ないでしょ?なんて馬鹿にしてはいけません。これが本当に怖い病気なのです。

糖尿病性網膜症(糖尿病三大合併症の一つ)

糖尿病合併症の中で目に起こる病気です。現在日本では毎年三千人の方が、糖尿病性網膜症で失明してます。目が見えているおかげで仕事も出来ますし、遊んでいても楽しい訳ですし、インターネットでこういった読み物も読める訳です。しかし糖尿病を放置してしまうと、糖尿病性網膜症が進行して失明し、生きる為に必要な視力がやられてしまう可能性があるのです。 勿論目が見えなくても生活する事は出来ますが、それはとてもとても大変な事だと思います。

上の絵は目の構造を示した絵です。糖尿病性網膜症は、長い間糖尿病による血糖値が高い事が原因となって、この絵の中の網膜という部分が脆くなったりする事で出血をしてしまいます。また網膜の血管が詰まってしまうと、目の中の酸素が不足し、新たに血管を作って目の中の酸素を補おうとします。ところがこの新たな血管がくせもので、新たに作ったばかりな事もありとても脆く、これが原因で出血をしてしまいます。

レーザー治療による網膜の治療や、出血してしまった場合は硝子体除去手術で出血して見えなくなった硝子体(これ自体は何も役割がありませんので除去しても平気です)を取り除いて見えるようにする手術はありますが、この手術で必ずしも視力が回復する保証はなく、そのまま失明してしまう事もあります。

どうですか。とても怖いものだと認識して頂けたでしょうか。とにかくこうならない為にも、糖尿病と診断されたら、血糖値を日々低く抑えるように保つ為に頑張らないといけないのです。そして、糖尿病と診断されたら、目には特に異常を感じなくても、内科医(糖尿病専門医)だけではなく、眼科医にも定期的に目の状態を診てもらいましょう。

糖尿病性腎症(糖尿病三大合併症の一つ)

糖尿病性腎症とは、l糖尿病で血糖値が長期に悪い事が起因している腎臓に関わる病気です。そもそも腎臓とは名前位は知っていると思いますが、何をしている所なのでしょうか。この腎臓という臓器は二つあり、老廃物を含む血液を濾過して、濾過されて綺麗になった血液は体内に戻し、そして老廃物は尿として対外に出すという事をする臓器です。

上の絵は腎臓の働きを纏めた絵になりますが、血液が入ってきて、それを糸球体と呼ばれるもので濾過し、綺麗な血液を動脈に戻しています。この糸球体は実は毛細血管の塊なんです。糖尿病で血糖値が高い状態が続いてしまうと、この糸球体の毛細血管が脆くなり、まともに濾過が出来なくなってしまいます。濾過出来ないと何が問題なのかと言いますと、通常は尿として出て行かない蛋白質が尿として排出されるようになり、この蛋白質が多量に対外に出てしまう事で血液中の蛋白質の濃度が減り、むくみや高血圧の原因となってしまいます。また老廃物の排出がうまくいかなくなり、腎不全状態となり血液透析を行わないとならなくなってしまうのです。

腎臓に関しては、糖尿病で内科医(糖尿病専門医)に診てもらっていれば、毎回の血液検査で腎臓に関する数値も一緒に見てくれますので、腎臓内科の専門医を尋ねなくてもいいでしょう。今診てもらっている内科医(糖尿病専門医)に、腎臓の状態も確認しておいて下さい。

糖尿病性神経障害(糖尿病三大合併症の一つ)

糖尿病性神経障害は上記で紹介してきました糖尿病三大合併症の他の症状よりも早期に現れます。冷たさ、痛み等を感じる感覚神経や、内臓、内分泌器官を調整する自立神経が痛んで来ます。具体的な主な症状としましては、便通異常、顔面神経麻痺、痺れ、痛み、立ちくらみ等です。痛み等を感じなくなってしまう事から、特に足とかに傷が出来ても気が付かず、それが化膿して重大障害に発展する場合もありますので、特に足等は毎日チェックすべきです。 

糖尿病専門医等に診てもらう際に、診察室の近くにポスター等を貼っているのを見られた方も多いのではないでしょうか。ポスターには足も診てもらいましょうみたいな事が書かれています。他の合併症に比べ早期に発生する症状ですので、糖尿病と診断されたら比較的早期に足も診てもらったほうがいいです。

ここまでが糖尿病細小血管障害(糖尿病三大合併症)についての説明になりますが、合併症は糖尿病が悪化する事により発症するものです。糖尿病でも血糖値を良好にコントロール出来ていれば、これら合併症の発生を抑制出来るのです。

糖尿病大血管障害

糖尿病大血管障害とは、糖尿病が太い血管に起こる障害を基点としたものです。この糖尿病大血管障害は心疾患に関する障害(狭心症、心筋梗塞)、脳疾患に関する障害(脳梗塞)、閉塞性動脈硬化症が挙げられます。糖尿病大血管障害では心筋梗塞が一番が発症例が多くなっています。

糖尿病では先に紹介しました糖尿病性細小血管障害に陥る事がとても多く、ここで紹介した糖尿病性大血管障害は糖尿病だから発症するという訳ではなく、糖尿病以外にも色々な要素(例えば高血圧等)を含めて発症する可能性が上がっていきます。

その他の糖尿病合併症

全てはここでは紹介しませんが、代表的なものの一つとして感染症が挙げられます。糖尿病の高血糖により免疫反応が低下する事や、高血糖により血流が悪くなる事により、酸素や栄養が細胞に十分に行き渡らない事等により、様々な感染症に罹りやすくなっています。例としては尿路感染症、肺炎、肺結核、胆嚢炎、皮膚感染症等が挙げられます。

糖尿病自体は血糖値が高いだけですが、それによりこれらの合併症を発症する可能性が高い事からとても怖い病気であると言えます。

糖尿病合併症が現れたら?

どうですか?糖尿病自体は血糖値の問題だけでそれほど恐れるものではないかも知れませんが、この様に血管がダメになってしまう病気で、血管がダメになることで様々な大病を引き起こすのです。とても怖い病気ですよね。

これらの糖尿病合併症が現れたら医師に診てもらうしかありません。出来る事ならこれらの合併症が現れないように、血糖コントロールをしっかりとしたいものです。勿論、既に合併症が現われてしまった場合でも、これ以上の合併症の進行を抑える為にも、血糖コントロールはとても重要なのです。血糖コントロールは医師には出来ません。医師は良好な血糖コントロールが出来る様に、アドバイスしたり薬を処方するだけです。血糖コントロールは糖尿病患者ご自身の努力に掛かっています。

糖尿病患者の為の患者学

ここでは誰も教えてくれない糖尿病患者の為の患者学について記載していきます。糖尿病患者学とは糖尿病と診断された患者がどのようにして糖尿病と闘っていけばいいのかを患者目線で纏めたものです。糖尿病と診断されたら、食事療法等の様に患者が率先して行動しなければならない点が多分にあるのです。内科医(糖尿病専門医)に診てもらって薬やインスリンを処方して貰っていれば問題ないという病気ではないのです。勿論必ず内科医(糖尿病専門医)に診て貰う事は必須ですが、付け加えてここで糖尿病患者の為の患者学を学び、それを実践してみて下さい。良好な血糖コントロールで糖尿病からご自身の体を糖尿病合併症から守りましょう。また糖尿病患者でなければ分からない生活の上での問題点(住宅ローン問題、生命保険問題、海外旅行問題等)にも切り込み、糖尿病患者である皆さんの助けに少しでもなれればと思っております。

お勧め病気ブログ

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

お勧め病気サイト

糖尿病を共有しましょう