糖尿病薬

ここでは代表的な糖尿病治療薬について説明します。糖尿病治療薬と言っても糖尿病を根本から治す事は出来ません。血糖値を抑制する効果のあるものになり、基本的に毎日服用しなければなりません。皆さんが医師から処方された薬もこの中にあるかとは思いますので、どの様な薬なのかをここで確認してみて下さい。

スルホニル尿素薬(SU剤)

スルホニル尿素剤の特徴は、膵臓に作用しインスリン分泌を促すものです。この薬が効果的な患者は膵臓からインスリン分泌はあるが空腹時血糖値が高い患者で、この薬が適していない患者は膵臓からインスリンが全く出ていない患者になります。副作用としては低血糖に陥る可能性があります。主な薬品名としてはアマリール、グリミクロン、オイルグルコン等になります。

チアゾリジン誘導体

チアゾリジン誘導体の特徴は、インスリンは分泌しているのに、インスリン抵抗性が強いために、インスリンの働きが鈍いのを改善する為の薬です。適した患者は太り気味で、適さない患者は肝機能障害がある場合になります。副作用及は肝機能障害やむくみ等です。主な薬品名としてはアクトス等になります。

α-グルコシダーゼ阻害薬

α-グルコシダーゼ阻害薬の特徴は、小腸粘膜に作用し糖の消化を抑制し吸収を遅らせ、食後の血糖値を抑えるものです。この薬の適した患者は初期の糖尿病、軽症の糖尿病、食後血糖値だけが高い場合。適さない患者は胃腸に大きな問題がある場合。副作用は消化器異常です。主な薬品名としてはベイスン、グルコバイ等になります。

ビグアナイド薬(BG)

ビグアナイド薬の特徴は、肝臓で糖を作り出す働きと消化管からの吸収を抑え、血糖値を下げるものです。適した患者はやや肥満、初期糖尿病・軽症糖尿病。適さない患者は肝臓、腎臓、肺の機能に障害がある場合。副作用は消化器異常、乳酸アシドーシス等です。主な薬品名としてはグリコラン、ジベトスB等になります。

インスリン製剤(インスリン注射)

インスリン注射の特徴はその効き目にあります。本来膵臓で分泌されるインスリンを、注射にて得るものですので、血糖値を十分に下げる作用があります。ただその使用量を間違えたり、使用して食事を取らなかった場合等に、低血糖になる恐れがとても高いですので、特に注意が必要となります。

インスリン注射はその効き方によって違いがあり、速攻型インスリン(作用時間5-8時間)、超速攻型インスリン(作用時間3-5時間)、持効型インスリン(作用時間24時間)、中間型インスリン(作用時間24時間)、混合型インスリン(作用時間24時間)に分けられます。 主な製剤名としては、ヒューマログ、ノボラピッド、イノレット、ノボリン等です。下記写真はノボラピッドフレックスペン(インスリン注射)です。注射針は写真とは別に処方され、ノボラピッドのキャップを外し針を取り付けて使用します。

ご参考にインスリン注射の注射部位を下図に示します。インスリン注射は基本的には、糖尿病患者自身が注射するものですが、殆ど痛みを感じないものですので、インスリン注射を打つ事になっても恐れずに頑張りましょう。また注射部位は毎回同じ所ですと皮膚が硬くなったりしますので、毎回少しずつ位置をずらして注射を打つ様にして下さい。

ところで何故インスリンは痛みを伴う事もある注射なのでしょうか。沢山の飲み薬が提供されている昨今、インスリンも飲み薬にしてしまえばいいのにと思いませんか?実はインスリンは蛋白質である為に、飲み薬にしてしまうと、それが消化器官で速やかに分解されてしまう為、飲み薬としては提供出来ないものです。将来技術が進歩して飲み薬として発売されるといいですね。

ちなみに吸入式のインスリンであるエクスベラをファイザー製薬で発売したのですが、市場規模が少ない(利用者が少ない)事から発売を停止してます。また同様に吸入式インスリンを開発してた2社も開発を取りやめるという事態になっています。残念なことですね。

アドナ錠

ここまでは血糖値をコントロールする為の薬を紹介して来ましたが、ここからは血管や血液に作用する薬を紹介して行きます。

血管に働く薬で、毛細血管を補強して抵抗力を強め、毛細血管からの出血を防ぐ作用があります。血液の凝固のしくみには影響を与えません。糖尿病患者には眼底出血の止血またはその予防に用いられます。

カルナクリン錠

血管に働く薬で、体の血管を広げ血流をよくする作用があります。血管の不調によるいろいろな病気に用いられます。糖尿病患者では高血圧症を併せ持っている場合や、手足のしびれ、眼底出血の場合に用いられます。

バイアスピリン錠

血液に働く薬で、血小板凝集を抑制し血液が凝固して血管が詰まるのを防ぐ薬で、簡単に言うと血液をサラサラにする薬です。糖尿病患者では糖尿病や高脂血症、高血圧等で、血液がドロドロになったり、血管の中にコレステロールが溜まり、血管をふさいでしまって、心筋梗塞や脳梗塞に発展するのを防ぐのに有効です。

新しい糖尿病治療で治療費を削減出来ます

JCVN 治験募集 (お勧め度★★★★★)

JCVNでは最新治験情報を提供するとともに、健康な男性対象の治験をはじめ、中高年の方を対象に無料健康診断を随時実施しています。治験とは新しい薬や健康食品が国の承認を得る為に安全性や有効性を確認する為に行う臨床試験のことです。その治験に自らの意思で参加してくださる方を募集しております。糖尿病の方はもとより、高血圧の方や、高脂血症をお持ちの方も医療費を削るチャンスですので、是非クリックしてみてください。

糖尿病患者の為の患者学

ここでは誰も教えてくれない糖尿病患者の為の患者学について記載していきます。糖尿病患者学とは糖尿病と診断された患者がどのようにして糖尿病と闘っていけばいいのかを患者目線で纏めたものです。糖尿病と診断されたら、食事療法等の様に患者が率先して行動しなければならない点が多分にあるのです。内科医(糖尿病専門医)に診てもらって薬やインスリンを処方して貰っていれば問題ないという病気ではないのです。勿論必ず内科医(糖尿病専門医)に診て貰う事は必須ですが、付け加えてここで糖尿病患者の為の患者学を学び、それを実践してみて下さい。良好な血糖コントロールで糖尿病からご自身の体を糖尿病合併症から守りましょう。また糖尿病患者でなければ分からない生活の上での問題点(住宅ローン問題、生命保険問題、海外旅行問題等)にも切り込み、糖尿病患者である皆さんの助けに少しでもなれればと思っております。

お勧め病気ブログ

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

お勧め病気サイト

糖尿病を共有しましょう