2011年

9月

25日

糖尿病患者の足の保護

糖尿病患者は足のケガや傷などには注意する必要があります。足に傷が出来ても、足の神経が駄目になって来ている場合はその傷に気が付かず、その部分が壊疽を起こしてしまう可能性があるのです。

足は少なくとも毎日自分の目で確認して傷とか出来ていない事を確認して下さい。また常に清潔に保つようにして下さい。そして足に合った靴を履くようにして下さい。足にあった靴でないと靴擦れを起こしてしまい、そこから傷付けてしまう場合がとても多いのです。

暑かった夏もそろそろ終わり、これから段々涼しくなっていきます。そして糖尿病患者は特に足の神経がまひして来ている可能性があり、通常の方よりも随分と足が冷たい場合があります。神経の障害で足がピリピリ痛んだりする方も多いと思います。そこで今回は足がポカポカで毎日を楽に過ごせる様に、とてもよい靴下を探してみました。値段も安いですし、発熱素材で足がポカポカしますので、足が冷たくて痛くて寝れないって患者さんも、これを履いて寝ればその悩みも解決出来ると思います。

おたふく サーモソックス(5本指タイプ) (お勧め度★★★★☆)

5本指タイプの発熱、調湿素材を用いたポカポカ靴下です。足が冷える糖尿病患者もこれで足がポカポカになれます。10足でこの値段ですのでとてもお徳ですよ。

おたふく サーモソックス(指無しタイプ) (お勧め度★★★★☆)

指無しタイプの発熱、調湿素材を用いたポカポカ靴下です。足が冷える糖尿病患者もこれで足がポカポカになれます。10足でこの値段ですのでとてもお徳ですよ。

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

糖尿病患者の為の患者学

ここでは誰も教えてくれない糖尿病患者の為の患者学について記載していきます。糖尿病患者学とは糖尿病と診断された患者がどのようにして糖尿病と闘っていけばいいのかを患者目線で纏めたものです。糖尿病と診断されたら、食事療法等の様に患者が率先して行動しなければならない点が多分にあるのです。内科医(糖尿病専門医)に診てもらって薬やインスリンを処方して貰っていれば問題ないという病気ではないのです。勿論必ず内科医(糖尿病専門医)に診て貰う事は必須ですが、付け加えてここで糖尿病患者の為の患者学を学び、それを実践してみて下さい。良好な血糖コントロールで糖尿病からご自身の体を糖尿病合併症から守りましょう。また糖尿病患者でなければ分からない生活の上での問題点(住宅ローン問題、生命保険問題、海外旅行問題等)にも切り込み、糖尿病患者である皆さんの助けに少しでもなれればと思っております。

お勧め病気ブログ

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

お勧め病気サイト

糖尿病を共有しましょう