2011年

9月

27日

糖尿病患者の為の患者学の要点ページに三つの項目を追加しました

糖尿病患者の為の患者学の要点のページに三つの項目を追加しました。何れも具体的に問題がある場合以外はあまり処方されない薬ですが、何れの薬も血管や血液に作用して、病気によってボロボロになっていく血管やドロドロになった血液を改善してくれる優れものです。

アドナ錠、カルナクリン錠、バイアスピリン錠の三つを取り上げてますが、三つとも効果的なものですので、まだ処方して貰ってない様でしたら、是非罹りつけの主治医に相談してみて下さい。あなたに何かこの薬を処方する上での問題等なければ、主治医も快く処方してくれる事でしょう。

薬が増えるのを好ましく思わない患者さんもいらっしゃるとは思いますが、あなたの健康上のリスクを少しでも低減する為に有効なものですので、是非相談してみる事をお勧めします。

糖尿病患者の患者学では基本的に毎日部分的にサイトの更新をしておりますが、今回の様に皆さんにとても重要と思われるものに関しては、ブログでも更新した事をアナウンスして行きたいと思いますので、今後とも弊サイトをご活用頂ければ幸いです。

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

糖尿病患者の為の患者学

ここでは誰も教えてくれない糖尿病患者の為の患者学について記載していきます。糖尿病患者学とは糖尿病と診断された患者がどのようにして糖尿病と闘っていけばいいのかを患者目線で纏めたものです。糖尿病と診断されたら、食事療法等の様に患者が率先して行動しなければならない点が多分にあるのです。内科医(糖尿病専門医)に診てもらって薬やインスリンを処方して貰っていれば問題ないという病気ではないのです。勿論必ず内科医(糖尿病専門医)に診て貰う事は必須ですが、付け加えてここで糖尿病患者の為の患者学を学び、それを実践してみて下さい。良好な血糖コントロールで糖尿病からご自身の体を糖尿病合併症から守りましょう。また糖尿病患者でなければ分からない生活の上での問題点(住宅ローン問題、生命保険問題、海外旅行問題等)にも切り込み、糖尿病患者である皆さんの助けに少しでもなれればと思っております。

お勧め病気ブログ

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

お勧め病気サイト

糖尿病を共有しましょう