2011年

10月

04日

ジェネリック医薬品

こんばんは。本日のお題はジェネリック医薬品についてです。最近テレビコマーシャルでも稀にジェネリック医薬品について流れていますが、どういったものかご存知ですか?

ジェネリック医薬品とは別名を後発医薬品とも呼びまして、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に発売される医薬品を言います。薬の研究には莫大なお金が必要ですが、特許が切れた新薬と同じ有効成分でジェネリック医薬品は製造されますので、新薬同様の効能・効果が期待出来ます。新薬と同じく薬事法に基づいて厚生労働省の認可を受けていますので、安全面でも安心出来るものです。

薬の研究にお金が掛かってなく、特許が切れてから製造されるものですので、ジェネリック医薬品の最大のメリットとしては、新薬よりもかなり安く薬を購入出来る点です。価格は薬品によって様々ですが、新薬の半値以下で買えるものも少なくありません。ですので、ジェネリック医薬品を使用する事によって、同じ効能・効果を安い価格で入手出来る事になります。

皆さんがどの様な薬品を処方されているかはご自身でないと分かりませんが、受診する際に主治医にジェネリック医薬品に切り替えたい旨を言ってみて下さい。糖尿病でお薬を大目に服用されている方等は、大きく出費を抑える事が出来る筈です。これは糖尿病という病気限定のお話ではありませんので、どの様な薬でも、もしそれが既にジェネリック医薬品が発売されている新薬を皆さんが処方されている場合は、医療費を抑えれる可能性があるのです。削れた医療費で、毎月好きなものでも買いましょうね。

ちなみに一概には言えませんが、国立の病院ではジェネリック医薬品を国の指導により多用する傾向にありますが、一般の病院では新薬を好んで使う医師が多い様ですので、皆さんの使われている薬も新薬の可能性が高いかなとか思っています。

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

糖尿病患者の為の患者学

ここでは誰も教えてくれない糖尿病患者の為の患者学について記載していきます。糖尿病患者学とは糖尿病と診断された患者がどのようにして糖尿病と闘っていけばいいのかを患者目線で纏めたものです。糖尿病と診断されたら、食事療法等の様に患者が率先して行動しなければならない点が多分にあるのです。内科医(糖尿病専門医)に診てもらって薬やインスリンを処方して貰っていれば問題ないという病気ではないのです。勿論必ず内科医(糖尿病専門医)に診て貰う事は必須ですが、付け加えてここで糖尿病患者の為の患者学を学び、それを実践してみて下さい。良好な血糖コントロールで糖尿病からご自身の体を糖尿病合併症から守りましょう。また糖尿病患者でなければ分からない生活の上での問題点(住宅ローン問題、生命保険問題、海外旅行問題等)にも切り込み、糖尿病患者である皆さんの助けに少しでもなれればと思っております。

お勧め病気ブログ

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

お勧め病気サイト

糖尿病を共有しましょう