2011年

10月

19日

糖尿病予防

本日は糖尿病の予防と題してブログを記載したいと思います。

1型糖尿病はまだ原因が不明確な部分が多く、どの様に予防していいのかはっきりしていません。しかし2型糖尿病は生活習慣によるものが多く、予防する事は十分可能です。この事は糖尿病をよく勉強している方は知っていると思います。

この糖尿病という病気の仕組みをもし十分に教育されていれば、現在2型糖尿病に罹っている方も随分と少ない数であろうと想像します。何も知識がなく、豊食の時代ですから、美味しいものを沢山食べれる訳ですし、あまり意識せず好きなものを飲食してしまうと思います。もし、糖尿病という病気のメカニズムを知っていたらどうしたでしょうか。

子供の頃から親のしつけとして、糖尿病や他の生活習慣病の知識を教え、健康に配慮した食事を与えるべきではないでしょうか。子供は比較的お菓子が好きですし、甘い飲み物が好きなものです。こういったお菓子や甘い飲み物の危険性は糖尿病患者の皆さんにはよく分かっている事と思います。子供は可愛いものです。だからといって子供の欲するままに過食をさせてはいけません。特に子供の肥満は親の責任です。子供の頃から過食をしていると、将来子供は2型糖尿病を発症するリスクが高くなる筈です。

子供のいらっしゃる方は皆さんの持っている知識を子供や家族全般で共有して下さい。そして家族で糖尿病や生活習慣病から身を守っていきましょう。繰り返しますが皆さんの病気の知識が財産なのです。この知識を共有する事で身を守っていけるのです。

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

糖尿病患者の為の患者学

ここでは誰も教えてくれない糖尿病患者の為の患者学について記載していきます。糖尿病患者学とは糖尿病と診断された患者がどのようにして糖尿病と闘っていけばいいのかを患者目線で纏めたものです。糖尿病と診断されたら、食事療法等の様に患者が率先して行動しなければならない点が多分にあるのです。内科医(糖尿病専門医)に診てもらって薬やインスリンを処方して貰っていれば問題ないという病気ではないのです。勿論必ず内科医(糖尿病専門医)に診て貰う事は必須ですが、付け加えてここで糖尿病患者の為の患者学を学び、それを実践してみて下さい。良好な血糖コントロールで糖尿病からご自身の体を糖尿病合併症から守りましょう。また糖尿病患者でなければ分からない生活の上での問題点(住宅ローン問題、生命保険問題、海外旅行問題等)にも切り込み、糖尿病患者である皆さんの助けに少しでもなれればと思っております。

お勧め病気ブログ

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

お勧め病気サイト

糖尿病を共有しましょう