糖尿病の症状

本日は糖尿病の症状と題して、糖尿病の各部位における症状と、糖尿病の進行具合等について記載したいと思います。糖尿病の症状については糖尿病のページにも触れていますので参考にして頂ければと思います。

先日、糖尿病と尿と題して、尿に現れる現象を記載しました。尿が泡立つという事は尿蛋白が出ている事が疑われ、尿蛋白が出るという事は糖尿病の腎臓に現れる合併症である、糖尿病性腎症が進行している可能性を示唆するものです。

糖尿病性網膜症は、進行すると糖尿病が目に現れるものとなります。糖尿病性網膜症は、その進行具合によって症状のない単純網膜症と前増殖網膜症があります。そして網膜症がかなり進行すると、視野がぼやけたり、新生血管が破れて目の中に出血した事を感じる様になります。

糖尿病は足にも色々と出てきます。足の症状としては血糖コントロールが比較的よくても、足の先がピリピリしたり、足がしびれたりという症状を感じます。また足の皮膚が乾燥しヒビ割れを起こしたりします。また血糖コントロールが悪い人は足の小さな傷が治りにくくなってきます。

糖尿病は皮膚にも症状が現れます。糖尿病は抵抗力が落ちる事はよく言われている話ですが、抵抗力が落ちる事で皮膚にカビや細菌等に感染し、かゆみを覚えます。またブドウ球菌と呼ばれる菌が皮膚に感染すると晴れや痛みを伴います。そして炎症がひどくなり、膿がたまってきます。放置すると腫れた部分が壊疽してしまいます。

これらの症状は糖尿病の進行具合が浅い場合でも感じるものもありますが、糖尿病がかなり進行してくると、顕著なものとなってきますので、十分に注意するようにして下さい。

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

糖尿病患者の為の患者学

ここでは誰も教えてくれない糖尿病患者の為の患者学について記載していきます。糖尿病患者学とは糖尿病と診断された患者がどのようにして糖尿病と闘っていけばいいのかを患者目線で纏めたものです。糖尿病と診断されたら、食事療法等の様に患者が率先して行動しなければならない点が多分にあるのです。内科医(糖尿病専門医)に診てもらって薬やインスリンを処方して貰っていれば問題ないという病気ではないのです。勿論必ず内科医(糖尿病専門医)に診て貰う事は必須ですが、付け加えてここで糖尿病患者の為の患者学を学び、それを実践してみて下さい。良好な血糖コントロールで糖尿病からご自身の体を糖尿病合併症から守りましょう。また糖尿病患者でなければ分からない生活の上での問題点(住宅ローン問題、生命保険問題、海外旅行問題等)にも切り込み、糖尿病患者である皆さんの助けに少しでもなれればと思っております。

お勧め病気ブログ

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

お勧め病気サイト

糖尿病を共有しましょう