糖尿病と油脂

本日は糖尿病と油脂と題してブログを記載したいと思います。

皆さんは油脂類の事をどう思われるでしょうか。油脂類は高カロリーですが、炭水化物(糖質)は含まないものが多く、カーボカウントをしていて、カロリーをあまり考えていない人はあまり気にされないものかも知れません。また日本式のカロリー制限ですと、油脂類は高カロリーですので、なるべく控えられていると思います。

この油脂類ですが、実は油脂類を摂りすぎると心臓病を引き起こしたり、高脂血症になります。また油脂類が不足すると、脳卒中や高血圧を引き起こしやすくなります。油脂類といっても動物性脂肪(肉、バター等)は高脂血症の原因である血中コレステロールを上げます。、また植物性油脂(魚、植物油等)は高脂血症の原因である血中コレステロールを下げます。

つまり、植物性油脂を多く摂って、動物性油脂を少なめにする事によって、血液がサラサラになり、高血圧を防いでくれるのです。糖尿病も高血圧も高コレステロールも血管をボロボロにするものです。ですので、カーボカウントでは炭水化物量にのみ目が行きがちになりますが、植物性油脂をしっかり摂って、動物性油脂を控えるという事にも配慮して頂ければと思います。

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

糖尿病患者の為の患者学

ここでは誰も教えてくれない糖尿病患者の為の患者学について記載していきます。糖尿病患者学とは糖尿病と診断された患者がどのようにして糖尿病と闘っていけばいいのかを患者目線で纏めたものです。糖尿病と診断されたら、食事療法等の様に患者が率先して行動しなければならない点が多分にあるのです。内科医(糖尿病専門医)に診てもらって薬やインスリンを処方して貰っていれば問題ないという病気ではないのです。勿論必ず内科医(糖尿病専門医)に診て貰う事は必須ですが、付け加えてここで糖尿病患者の為の患者学を学び、それを実践してみて下さい。良好な血糖コントロールで糖尿病からご自身の体を糖尿病合併症から守りましょう。また糖尿病患者でなければ分からない生活の上での問題点(住宅ローン問題、生命保険問題、海外旅行問題等)にも切り込み、糖尿病患者である皆さんの助けに少しでもなれればと思っております。

お勧め病気ブログ

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

お勧め病気サイト

糖尿病を共有しましょう