インスリン枯渇

皆さんは糖尿病薬によりインスリンが枯渇する事を知っているでしょうか。本日はインスリン枯渇と題してブログを掲載します。

スルフォニル尿素剤というお薬があります。スルフォニル尿素剤(略称SU剤)は薬品名で言うと、アマリール、オイグルコン、パミルコン、ダオニールがあります。このSU剤というのは、唯一のインスリンを分泌する臓器である膵臓の中の膵島β細胞を刺激する事によって、インスリンを絞り出すお薬です。インスリン分泌を過剰に刺激しますので、血糖を下げる効果はとても大きいものがあります。

このSU剤というお薬を長期間服用した場合に、β細胞が疲弊しインスリンを分泌出来なくなってしまう事があります。この事を二次無効と呼びます。糖尿病ではあってもインスリン分泌がまだあった2型糖尿病患者さんが、1型糖尿病患者さんのようにインスリン分泌が出来なくなってしまう現象です。

逆にこれらのSU剤を飲まない事で(インスリン注射に切り替える等で)、β細胞は元気を取り戻し、正常な人に近い位にインスリンを分泌出来るようになったりする事もあるのです。

この様にインスリン注射は嫌だと思っている患者さんもいらっしゃるのですが、注射を使う事で膵臓のβ細胞が復活して来たりしますし、逆にSU剤でβ細胞をいじめる事で、インスリンが一切分泌されない状況になってしまう事もあるのです。

私は上記の理由によりSU剤の使用はあまりお勧めしていません。SU剤を飲むならインスリン注射を処方してもらい、β細胞回復させていく方が膵臓にとっては一番安全な治療方法と思っています。

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

糖尿病患者の為の患者学

ここでは誰も教えてくれない糖尿病患者の為の患者学について記載していきます。糖尿病患者学とは糖尿病と診断された患者がどのようにして糖尿病と闘っていけばいいのかを患者目線で纏めたものです。糖尿病と診断されたら、食事療法等の様に患者が率先して行動しなければならない点が多分にあるのです。内科医(糖尿病専門医)に診てもらって薬やインスリンを処方して貰っていれば問題ないという病気ではないのです。勿論必ず内科医(糖尿病専門医)に診て貰う事は必須ですが、付け加えてここで糖尿病患者の為の患者学を学び、それを実践してみて下さい。良好な血糖コントロールで糖尿病からご自身の体を糖尿病合併症から守りましょう。また糖尿病患者でなければ分からない生活の上での問題点(住宅ローン問題、生命保険問題、海外旅行問題等)にも切り込み、糖尿病患者である皆さんの助けに少しでもなれればと思っております。

お勧め病気ブログ

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

お勧め病気サイト

糖尿病を共有しましょう