HbA1c値

これは血液検査によって分かる数値で、糖尿病検査で代表的な数値となっています。

HbA1cというのは読み方をヘモグロビン・エーワンシーと読みます。このHbA1cは糖尿病を測定する上で一番重要な数値と言っても過言ではない数値です。HbA1cとはグリコヘモグロビンの量を示します。グリコヘモグロビンってなかなか聞き慣れない言葉です。皆さんの血液中にはヘモグロビンという蛋白質が流れています。このヘモグロビンは血液中の赤血球に多く含まれる蛋白質で、血管を通り体の隅々迄酸素を運搬する役割を持っています。ここに皆さんが食事した後等で出来た糖が、ヘモグロビンにくっつきます。これがグリコヘモグロビンなんです。赤血球の寿命はおよそ4ヶ月と言われており、この寿命の半分程度(2ヶ月位)の血糖値の平均値がこのHbA1c(グリコヘモグロビン)の数値から測定出来ます。血糖値は上下するものですので、このHbA1cの数値より、血糖が良好にコントロール出来ているか否かを医師が判断致します。

HbA1cの診断基準としましては、正常者の場合は4.3-5.8%となります。また糖尿病患者の場合のHbA1cの値は血糖値のコントロール(薬、日々の飲食物等で大きく左右されます)状況を示しており、コントロールの評価が優の場合は5.8%未満、良の場合は5.8-6.5未満、可(不十分)の場合は6.5-7%未満、可(不良)の場合は7.0-8.0%未満、不可が8.0%以上と定義されています。

血糖値はご自身でコントロール出来るものですので、この後の章のカロリー制限法カーボカウント法を使い、ご自身の血糖値をいつも良好に保つ事で、怖い糖尿病合併症等になるリスクが著しく低減します。ですのでHbA1cの数値を常に良い数値になるように頑張りましょう。

尚、近い将来にHbA1cの数値の定義が変わる予定です。数値の見方も変わってきますので、詳しくはHbA1cの国際標準化のページを参照下さい。

  HbA1c
正常値 5.8%未満
境界型 5.8~6.5%未満
糖尿病 6.5%以上

HbA1cの代表的な検査方法

HbA1cは皆さんがご存知のように皆さんの血液を採取し、それを元に算出します。この血液は検査機関等の機械によって計算されますが、代表的なものとしては、高速液体クロマトグラフィー (High Performance Dquid Chromatography)、通称HPLCという方法によって算出します。 ここでは専門的な技法には一切触れませんが、この他にもいくつかの算出方式があるのです。なので検査機関によってその検査方法も異なる為、同じ血液でも検査結果に違いが出たりするのです。 検査機関を毎回変えることはないとは思いますが、検査機関によっては数値は変わるものであるという認識だけ持っておいてください。

糖尿病患者の為の患者学

ここでは誰も教えてくれない糖尿病患者の為の患者学について記載していきます。糖尿病患者学とは糖尿病と診断された患者がどのようにして糖尿病と闘っていけばいいのかを患者目線で纏めたものです。糖尿病と診断されたら、食事療法等の様に患者が率先して行動しなければならない点が多分にあるのです。内科医(糖尿病専門医)に診てもらって薬やインスリンを処方して貰っていれば問題ないという病気ではないのです。勿論必ず内科医(糖尿病専門医)に診て貰う事は必須ですが、付け加えてここで糖尿病患者の為の患者学を学び、それを実践してみて下さい。良好な血糖コントロールで糖尿病からご自身の体を糖尿病合併症から守りましょう。また糖尿病患者でなければ分からない生活の上での問題点(住宅ローン問題、生命保険問題、海外旅行問題等)にも切り込み、糖尿病患者である皆さんの助けに少しでもなれればと思っております。

お勧め病気ブログ

にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング
ブログランキング

お勧め病気サイト

糖尿病を共有しましょう